REPORTレポート

REPORT DAY1

Day1前半から圧倒のパフォーマンス続々!早速「涙腺にきた…」コメントも!?

道なき道を切り開き、歴史を紡いできた今回出演のレジェンドVTuberたちが紹介され、カウントダウンとともに華々しいオープニングを飾ったのは、天神子兎音の「シャルル」。バツグンの歌唱力とクールなアクトで完璧なスタートを切った「VTuber Fes Japan 2021」は、緑仙、静凛コンビの「乙女解剖」、アメノセイ「矢文のシグナル」と3連続バンド演奏で会場のボルテージを一気に引き上げます。

続いてステージ上で軽い円陣を組み、元気いっぱいの挨拶で新しい風を吹き込んだのは、VRアイドルえのぐ。アクロバティックなパフォーマンスでの「e☆Jump!→Dream!!」、ラップパートもキュートな「it's 笑 time!」、そして「ラスト一曲、私たちのパフォーマンスを目と、耳と、心に刻んで行ってください!」と白藤環の絶叫が曲への導入となる「スタートライン」の3曲をメドレー形式で繋ぎます。

「私たちには世界一のVRアイドルになるという夢があります。歌もダンスももっと頑張って絶対絶対トップアイドルになってみせます!私たちがVRアイドルえのぐです!」と鈴木あんずの力強い宣言で締めくくられるパフォーマンスには、「エモすぎ」「熱い!もう世界1やぞ!」「涙腺にきた…」とコメントも大いに盛り上がりました。

これに続いたのは、KMNZ(ケモノズ)のLITAが「猫耳仲間でコラボしませんか?」とラブコールを送る形で実現したGEMS COMPANY水科葵とのコラボで「からくりピエロ」。2人の美しく相性の良い歌声には「鳥肌」「最高や…」「歌めっちゃ美声やん…」とのコメントが飛び交い、会場はしっとりと心地よい空気に包まれました。

そしてDay1前半を熱くキュートに盛り上げたのは、もこ田めめめ、金剛いろは、花京院ちえり、名取さな、天神子兎音という豪華すぎる5人が届ける、名曲「エイリアンエイリアン」。楽曲スタートより「はい!はい!はい!はい!」の弾幕で画面は埋め尽くされ、歌声の相性はもちろん、シンクロ率の高いダンスもあったため、歌詞の通りに見る者の「心を惑わせる」パフォーマンスとなりました。

バーチャル中田ヤスタカがKizuna AIとコラボ!ミライアカリは新曲も披露!

ミライアカリ、猫宮ひなたが登場のトークパートでは、ミライアカリが「なにやら、お土産が…、ゲフンゲフン、配られ…る?ゲフンゲフン」と、リアル会場組にデジタルパフォーマンスエナジー「ZONe」が配布されることを匂わせると、会場は湧きます。さらに猫宮ひなたは「ZONe」とVTuberが行う数多くのコラボを紹介し、「ZONe」を飲んだ際の印象について問われると…、「がしーーん!がしーーん!がしーーん!ってなります!」とアクション付きで回答したため会場は爆笑に包まれました。

そして、ステージにはDay1スペシャルゲスト、バーチャル中田ヤスタカが登場となります。ステージ上に設けられたDJブースより、「White Cube (+Voice Version) [feat. 苺りなはむ]」「ぴこぴこ東京 (feat. 眞白桃々)」「NANIMONO (feat.米津玄師)」「Love Don't Lie feat. ROSII」「あいがたりない(feat. 中田ヤスタカ)」「ぼくらのネットワーク」と圧倒的な音圧で繋ぎオーディエンスをブチ上げると、DJブースの隣にはKizuna AIの姿が。そのまま披露となったのは、バーチャル中田ヤスタカ×Kizuna AIによる「AI AI AI」。Kizuna AIの魅せる圧倒的世界観のダンスパフォーマンスと歌唱に、会場には大きな一体感が生まれます。

これに続いたのは、ミライアカリ。「Fly to NEW WORLD」で「メカメカウィッシュ!(Make a Make a wish)」の大合唱コメントを発生させると、「次実は…、新曲です!出来立てほやほやです!明るい未来になればいいなという願いを込めて全力で歌います!」と新曲「ILLUMINATE」を発表。美しいピアノサウンドとストリングスが印象的で壮大な楽曲が披露されると、「ええ曲や」「神曲」「元気出た」とのコメントが多く寄せられ、世界が浄化されていくかのような心地よさが広がっていきました。

Day1ラストには…ミライアカリと猫宮ひなたの目にも涙!?

Day1もいよいよ後半。ステージには、月ノ美兎、樋口楓、静凛、緑仙が登場となり、昨年から延期になっていたVTuber Fesがようやく開催できた喜びを噛みしめつつ、「もっとしゃべってたい!」とトークを無限ループさせ笑いを広げると、にじさんじ1周年記念楽曲として制作され今や定番の一曲ともなっている「Virtual to LIVE」を本イベントでは初めて生バンドで披露。

虹色絵文字で画面が埋め尽くされる盛り上がりになると、ときのそら、白上フブキ、湊あくあによる「六兆年と一夜物語」へと続きます。3人の息の合ったキレッキレパフォーマンスに押され、オーディエンスは再加速という熱量の高いステージが届けられると、ラストはホロライブ公式曲第1弾として制作され定番化している「Shiny Smily Story」をこちらも初めて生バンドで披露しました。

そのままMCパートへと移り、ミライアカリと猫宮ひなたが登場すると2人は「エモすぎるってぇぇぇ!!」と絶叫、さらにミライアカリが「聞いて!私が歌って帰ってきたら…、ひなたが泣いてんの!」と暴露トークを開始すると、猫宮ひなたも「言わないで!アカリも泣いてたじゃん!」と暴露返し。この流れには「てぇてぇ」とのコメントが弾幕となり、いよいよ本当のラスト、アンコール曲へと移ります。アンコール曲に選ばれたのは「惑星ループ」。名取さな、ときのそら、樋口楓、ミライアカリ、猫宮ひなたの5人と、大迫力のバンド演奏で楽曲が届けられると、会場のオーディエンス、視聴者コメントともにこの日一番の一体感を生み出します。

「そこに大体、愛が在るだけ。そこに大体、愛が在るだけ」。愛に包まれる暖かい余韻のまま「VTuber Fes Japan 2021」Day1は幕を閉じました。

Vtuber Fes Japan2021 Day1 セットリスト

REPORT DAY2

Day2もオープニングからフルスロットル!コメント勢も大興奮!

「VTuber Fes Japan 2021」Day2のスタートはHoneyWorksが彩ります。まずは、バーチャルアイドルmonaが「ファンサ」でキュートなトップバッターを務めると、「みんなのハートを奪いに来たよ!」のセリフで勢いを加速させる2人組男性バーチャルアイドルユニットLIP×LIP。染谷勇次郎と柴崎愛蔵の圧倒的なイケボがフルに発揮される王子様楽曲「ロメオ」が披露されると、「これはお姫様になっちゃう」「男だけどお姫様になっていいすか?」「イケボ!まさに白馬の王子様」「ティアラ生えた」とコメント勢も大興奮。

熱く盛り上がる会場に生バンド演奏でのイントロが響くと、もうこの勢いは止まりません。続いたのは、夏色まつり、富士葵、燦鳥ノムによる「ダダダダ天使」。3人の美しい歌声のハーモニー、豊かな表現力、そしてエンジェルへの変身で締めくくられるという見事なステージパフォーマンスは、圧倒的な没入感を生み出し、Day2のボルテージを中盤へと繋ぎます。

Day2スペシャルゲストはヴァーチャルドリカム!「モデル完成度高!!」の声

Day2のスペシャルゲストとして登場したのは、大御所ミュージシャン・ドリカムことDREAMS COME TRUEのデジタルアバター「MASADO(マサド)」・「MIWASCO(ミワスコ)」。MASADOから発せられる「一緒に楽しみましょう!」の掛け声とともに届けられたのは、名曲「うれしい!たのしい!大好き! - DOSCO prime Version -」。歌姫MIWASCOの歌とダンスが届けられると、「本物すぎるwww」「ウッソだろ・・・」「モデル完成度高」「なんか脳がばぐる!」とあまりの完成度の高さに、理解がなかなか追い付かないというコメントも続出。続けて「未来予想図II - DOSCO prime Version -」も披露し、会場とネット視聴者を大いに盛り上げました。

歌姫に続いたのはバーチャルシンガーYuNi。バイオリン生演奏とのコラボで届けられる、しっとりとしたバラード曲「ジレンマ」のクオリティと世界観に、会場は息を呑みます。そんなYuNiからのバトンを引き継いだのは、赤井はあと、アキ・ローゼンタール、 白上フブキ、夏色まつり、夜空メルというホロライブ1期生組。安定感抜群のパフォーマンスでキュートに届けられる「夢見る空へ」には、惜しみない拍手が贈られました。

そして、イベント後半には注目のコラボも。以前から姉妹説が流れるほどのバーチャルシンガー花譜、理芽のコラボで届ける「まほう」は、声の相性の良さはもちろん、心地よく入るサビの美しさに「空気感最高!」「神回」「こんなん最高やん…」「召された」といったコメントが続出。タイトル通り歌の“魔法”で触れるものを虜にしていきました。

「VTuber Fes Japan 2021」ラストには熱いメッセージと感動が!

2日間に及んだ「VTuber Fes Japan 2021」もいよいよ終盤。VTuberユニットHIMEHINAが深いテーマの「命に嫌われている(バラードver.)」に続き、コロナ禍で変化する社会を鋭くえぐったオリジナル楽曲「水たまりロンド」を披露すると、その突き刺さるほどに磨き抜かれた言葉、心に染み入る透明感の強い歌声、熱さと冷たさを兼ね備えたメッセージの共演に、「これは泣く」「もうなにも言えねぇ」「ただ泣いてる」と大きく感情を揺さぶられたコメントの数々が。

そして最後は「みんなもキーボードを叩き割る勢いで盛り上がってね!」と「ヒトガタRock」で会場のテンションを爆上げすると、鳴りやまない拍手はアンコールへと続きます。このアンコールに応えたのは、富士葵、電脳少女シロ、燦鳥ノム、獅子神レオナ。選曲はボカロの歴史を変えた名曲「メルト」です。バンド演奏の重厚な楽曲アレンジと調和する4人の歌声は、見たこともないほどの弾幕コメントを呼び込む最高のフィナーレを飾りました。

昨年出された緊急事態宣言の影響から一部企画の中止・延期を経てようやく開催に漕ぎつけた、今回の「VTuber Fes Japan 2021」。このFesは「VTuber」という大きなムーブメントが、既に深く根を張り巡らせた懐の深い“文化”にまで成長していることを伝え、VTuberの歴史へとその名を刻みました。

Vtuber Fes Japan2021 Day2 セットリスト

※本イベントの開催につきましては以下の新型コロナウイルス感染拡大防止策に最大限務め開催しました。・運営スタッフのマスク・フェイスシールド着用、手洗いの徹底・出勤時の検温など運営スタッフの健康状態管理・来場者入館時のアルコール消毒・会場収容人数の制限(間隔を空けてご案内)

RELATED ARTICLES

「VTuber Fes Japan 2021」現地レポート ネット文化の歴史と多様性を感じさせた2日間の饗宴

この記事を読む

「VTuber Fes Japan 2021」美男、美女、ゴリラやピーナッツも歌い踊った夢のステージ

この記事を読む

バーチャルの可能性をまた見せたい ミライアカリに聞く1/30、31開催「VTuber Fes Japan 2021」への想い

この記事を読む

「バーチャルの可能性を見せたい!」ミライアカリ、VTuber Fes Japan 2021に向けた熱い想い

この記事を読む

猫宮ひなた、2021年の抱負と「VTuber Fes Japan 2021」への意気込み【インタビュー】

この記事を読む

せんせえ達に元気を届けたい!ば~ちゃるな~す・名取さな「VTuber Fes Japan 2021」出演者インタビュー

この記事を読む

VTuber Fes目前! 電脳少女シロ、富士葵、燦鳥ノムが意気込みを語る

この記事を読む